オールオアナッシングの女のブログ


by cocco7188

2006年 05月 17日 ( 1 )

ここ2週間位、学校休みまくり;;
現に症状がでて耳鼻科とかでも薬処方してもらってるけど、治るんでしょうか??
ただ私の意思が弱いから治らないのかと、この頃思います。
思考のベクトルが常に「死」へと向かっております。

この前、書店でやっと棚に並んだ、ほんのり18禁の「完全自殺マニュアル」を購入したんですよ。いや、自殺したいのでなく、あくまでも知識としての興味ですから・・ね(^^;)
この本、何年も求めつづけていたのになかなか本屋に置いてなくて、(あえて置かない方針の店が多いようです)図書館で予約をしたのですが、お姉さんに「すみませんが、18歳未満の方の閲覧はダメなんですぅ(^-^)」と断られてしまったという事もありました。そしてやっと見つけたので購入したわけです。ビニールでパッキングしてあって、ビニールの内側に「18歳未満の方の購入は遠慮させていただきます」とでっかく書いた紙が挟まっていたあったので内心ドキドキで、「私は18歳!牡牛座の18歳なのよ~~!!」と思い込んでレジへ進んだら。
あらびっくり。普通に会計、「ありがとうございました~」( ̄m ̄〃)
なーんだ。でもよかったです♥

思考はそっちへ向かっていますが、むしろその本を読んでそっちへ逝こうとは思えなくなりました。なにより面倒くせー。

飛び降りと凍死は気持ち良いらしい。ホントかい;

ほかにも飛び込みの欄に「おもいきって頭からいこう!」とか書いてあったりするのにドン引きしましたが、笑
ドラマ「科捜研の女」の原作と言うか、そんな感じの本「死体は語る」と似ています。

中学のとき学校で配られた「読書ノート」なるものの、最初に書いたのがたしかこの「死体は語る」でした。おい!

一応説明しておくと。作者は誰だっけ?と・・・とにかく死体検死医のえらい人で。法医学の話などを交えながら彼が担当した変死体のエピソードについて書いてある本です。
印象に残っているのは、水死体があがらなくするためによく殺人犯はおもりをつけて死体を沈めますが、やがて水中で死体のなかにガスがたまり、よほど重いおもりをつけないと浮かんできてしまう。ということ。そしてそれが何キロか何トンかは、悪用されるといけないのでここには書けない。と、書いてあったこと。気になる・・・。←おい!

なんでこんな本読んだのでしょうかねぇ。笑
科学捜査研究所に一時期憧れたからでしょうか?ドラマの影響で。

でも検死はさすがにいやです。

そういえばこの頃楽しみが一つもない事がわかりましたよ( ̄(●●) ̄)
目標も、ないですよ。←暗くない??ご飯も美味しくないですよ。空腹感を紛らわすために口に入れて、噛んで飲み込んでますよ。

なにかないんですか??私に。(問いかけ)大学行って卒業して就職してなにが楽しいのでしょうね(ベタ)

でも自分でかせがないと生きていけないから贅沢言ってちゃしかたないですね。東南アジアの子供たちに申し訳・・・。こんなこと考えてる事自体が低レベル過ぎて恥ずかしい(//・_・//)イヤン

そういえば臓器移植意思表示カードの署名を母に頼んだら拒否されて、軽くショックだったこともあったどす。なんでぇ・・・

私はまだまだ子供で何もわかっていないから、文句をいって屁理屈を言っているんだっちゃ。わがままなんですね~。努力をしたくないから病気になって、寝込んでいるまま治ろうとしないんだろうな~(@@;
このままだと、ホントに社会のゴミとなって廃人になっちゃうぞ!!
大ピーンチ!!( ̄□ ̄;)!!

明日には、よくなっているかな??
[PR]
by cocco7188 | 2006-05-17 20:20